« 中国旅行#3 | トップページ | 中国旅行#5(最終回) »

中国旅行#4

5日目は朝6時起床、8時過ぎに大理のホテルを出発、600Km離れた麗江を目指します。

麗江は標高2,400mの町で、象形文字のひとつである、東巴(トンパ)文字を使う少数民族の納西(ナシ)族が多く暮らし、世界遺産にも登録さています。

Img_0488 Img_0510 

また、チャン・イーモウ監督、高倉健主演の映画「単騎、千里を走る」の舞台になったところでもあります。

Img_0494 コスモスがたくさん。

お昼過ぎに到着、昼食をいただきました。でも、この時は食事は控えめ、しかもアルコールはなし。なぜかというと、この後山登りがあるからです。

Img_04901 Img_04911

駐車場でグリーンバスに乗り換え、さらに上を目指します。防寒着も装着。

Img_0503 Img_05001

白水河(棚田のような川)↓。ヤクもいました。

Img_0505 Img_0506

玉龍雪山にある耗牛坪(もうぎゅうへい)までリフトで上がります。玉龍雪山には13の峰があり、そのうちの最高峰は5,600mにもなります。

Img_0512 Img_0515

耗牛坪の展望台は3,600mを超える高さにあり、ふもとで酸素も売っていました。パパママも日本にいても富士山だって登ったこともありません。高山病はちょっと気になりましたが、それよりも何よりも一番気になったのはこのリフトです。高所恐怖症のママにとっては、絶景を楽しむ余裕もありません。全長1,200m、高さ320m、時間にして20分、ほんと緊張しました。

Img_0542 Img_0526

何かを感じるパパ↓。

Img_05221 Img_0536

残念ながら、雲で峰すべてを見ることは出来ませんでした。しかしそれでもすばらしい景色、空気でした。高山植物も咲いていました。

Img_0528 Img_0557

恐怖のリフトで下山すると、ものすごい雨。でもふもとは、晴れ。今回は傘と日よけの帽子が大活躍。

その後、白沙壁画の見学。現物の写真撮影はX。

Img_0562 Img_0569

帰り際うれしい出来事。バスの中からの撮影なので分かりにくいのですが、虹です。

Img_0578 とってもきれいでした。

この日の夕食は火鍋。日本人向けにアレンジされ、辛さはありません。

Img_0580 Img_05831

野菜たっぷりで、疲れた体にもとっても優しいお料理でした。

この日も足ツボマッサージへ。今回の旅行には、マッサージが3日間付いていました。旅行中盤の疲れもとれ、心身ともにスッキリしまた。

ホテル:麗江官房大酒店

さあ、次回はいよいよ最終回です。

次回#5に続く。

|

« 中国旅行#3 | トップページ | 中国旅行#5(最終回) »

書・中国」カテゴリの記事

コメント

ママさん高いところ苦手だったんですね(^^)
モンと同じ。私、大好きですよ~!でも、リフトは怖いんですけどぉ。
せっかく頑張って登ったのに雲だらけで残念でした。
パパさん何を感じたんでしょうね。多分、笑いの神様が降りたんだと思いますよ。
今回は怖い食べ物なしですか。ちょっと残念。
ブログでは紹介できない おもしろ写真があったら
内緒で見せて欲しいな(^-^)

投稿: minimi | 2007年10月 9日 (火) 07時08分

関東遠征時はありがとうございました。
とっても楽しかった。

ところで、2枚目の写真の男の右下にあるミッキーマウスが象形文字の男?
グリーンバス??

4000年の歴史をもつ中国の男道は奥が深そうです。

投稿: koo | 2007年10月10日 (水) 21時09分

minimさん

ひょっとして怖いもの好き?
怖い食べ物・・・内緒です(笑)。

笑の神様、あれがそうだったのか・・・。
その子さんの側で感じるオーラと同じような(笑)。

投稿: はまちゃんパパママ | 2007年10月10日 (水) 23時25分

kooさん、

遅くなりすみません。
こちらこそ、とっても楽しかったです。
kooさんワールドをちょっと覗いちゃいました♪

ミッキーマウスは、、、正解!
←サイドーバーのアルバム、「ちゅらくんこんチクワ」を見てね。
ママからのプレゼントです。分かったかな~?

投稿: はまちゃんパパママ | 2007年10月14日 (日) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516827/41534298

この記事へのトラックバック一覧です: 中国旅行#4:

« 中国旅行#3 | トップページ | 中国旅行#5(最終回) »