いくつ?


2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

現在・・・

以前の・・・

メッセージはこちら♪


JFC

  • 0264_hamachan1_2

かえる隊

  • Kaerutai21_2

書・中国

’11 中国旅行 江南~my石碑と展覧会~

す~っかりご無沙汰してしまいました。

今までにも増してちょ~仕事が忙しく、なかなかパソコンに向かう事ができませんでした。

今さらですが、お休みしていた間の事を少しずつ振り返りたいと思います。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..

6/23~6/28またまた中国に行ってきました。

今回は「南京・和平友好櫻花園石碑鑑賞&上海展覧会」の旅です

【1日目】
今年も
南京直行便で。日本と同じく蒸し暑かった。。

Img_21901

ホテルにチェックインした後、本日の夜ごはんへ。

Img_21941

意外にも南京市街を歩くのは初めて。

Img_21951

そしてこの旅行では珍しいタイ料理で宴会。

Img_21961

この日は早めに休みました。

ホテル:江蘇議事国酒店(1~3泊目)

【2日目】
朝起きると何とも微妙な天気。

去年に続き、旅の目的のひとつである櫻花園へ。

今回は私たち生徒が自分の石碑を作りました(正確には石碑の字を書いた です)。

Img_43401

海部元首相の作品↑↓

Img_43411

た~くさんの石碑が立っていました。

Img_43051

みんなその中から自分の石を探します。

Img_43581

大汗をかきながら見つけましたsign03

自分が書いた字がこうやって石碑になっていることに感激です。

複雑な形の奇石で有名な無錫の太湖の石(石灰岩)で、かなりの大きさなので運搬も大変だったようです。。

それぞれの字にマッチした石が選ばれています。

Img_43441

『飛花』↑と書いています。先生方と記念に1枚camera

Img_43501

そして拓本(石碑などに紙や絹を被せ、上から墨をつけたタンポで凹凸を写しとる)の様子を見学。

Img_43551

今回は湿度が高かったので滲んでしまいました。もう少し涼しくなったら全員の石碑の拓本を取り、作品集を作ってくれるそうで、こちらも楽しみ。

いったんホテルに戻った後、次のイベント 中国書家画家との交流会へ。

中国側の先生の紹介のあと、揮毫が始まりました。

Img_43751

中国側の先生方は慣れた様子ですらすらと書いていきます。

Img_43821

私も書くように言われていたのですが、皆さんの熱のこもった揮毫でタイムアウト(内心ほっ)。

Img_43931

その後は、28日から上海で開催される展覧会の表彰式を兼ねた宴会へ。

Img_22001_2

先生の友人でもあり3月の東日本大震災の際も多額の義捐金に協力してくださった陳さんがスポンサー。素晴らしいお料理でした。

【3日目】
この日は台風の影響でかなりのrain

ホテルを出てまず南京博物院へ。

北京故宮博物院と並ぶ中国最高峰の総合博物館ですが、本館は改修中とのことで別館を見学。

Img_44201

その後は昼食へ。

日本でいうと屋台村のような感じ。准陽(上海)料理をいただきました。

Img_44301

Img_44251

その後は骨董品市場へ。

Img_44341

なんともやる気のない店員さんたち。

Img_44361

値段もあってないようなもの。欲しいものがあった時は先生へ。

交渉する様子を見るのが楽しいです。

印材(印鑑を彫る石)のおじさんもくつろぎ中。

Img_44401

私も十数個購入。

その後は書店へ。国営らしいのですが、私が買った本は8元(約100円)sign03

Img_44421

みんな大量購入で店員さんもパニック気味でした。

足裏マッサージでリフレッシュした後、夕食へ。

この日の宴会も先生の友人がスポンサー。中国でお刺身fishが出てきました。

Img_44431

覇王別姫(はおうべっき)と呼ばれるスッポンと烏骨鶏の蒸しスープ↓

どうやら 覇王=スッポン、別姫=鶏 らしいです。

Img_44451

かなり贅沢なスープらしいのですが、私は見た目でwobblyng

だって↓↓

Img_44461

お料理はとってもおいしくて、南京最後の夕食はお腹一杯でした。

【4日目】

この日はバスで無錫へ。

まず向かったのは「華西村」。

Img_44511

中国には何度も来てますが、全く知りませんでした。

中国一豊かな村らしく、今年建村50周年で日本のニュースなどでも取り上げられてますね。

この塔の展望台から村を一望できるのですが、恐ろしく広大で端がが見えません。

Img_44951

みんなこんな家に住んでます。

Img_44861

家の中も見せてもらったのですが、中国にいるとは思えませんでした。

Img_44501Img_44581_3Img_44621Img_44741_4

なんとも不思議な空間でした。

その後は去年も来た太湖へ。

Img_45101

遊覧船に乗りましたが、残念なことにかなりガスっていて景色があまりよく見えませんでした。

Img_45121Img_45161

この日の夜も宴会restaurant

無錫といえば、排骨(パイコー)。日本ではパーコー麺が有名です。

Img_45491

お酒がすすみますcoldsweats01 それから。。。

Img_45471

でもおいしかったですsign03

この日はホテルで2次会。私はほぼ一番若かったのですが、皆さん本当にお元気です。

ホテル:無錫大販店

【5日目】

この日は展覧会が開催される上海へ向かいます。

立ち寄ったのは寒山寺。

もう何度目でしょうか。でも来るたびに景色が変わります。

有名な太鼓橋。

Img_45611

有名な「楓橋夜泊」詩

Img_45871

有名な鐘楼(除夜の鐘)。

Img_45861

お昼は野菜中心。

Img_46111

いつのことながら絶対太って帰ってきますhappy02

Img_46121_3

琵琶を弾いてくれるお姉さんがいて盛り上がりました。

Img_46161_2

食後は刺繍研究所へ。

Img_46291

素晴らしいものでした。

Img_46311_3

その後は、水郷の運河を遊覧。

Img_46351

水面ぎりぎりの小さな舟です。

Img_46531

家のすぐ前に運河が流れているという感じ。

Img_46631

世界遺産に認定されています。

Img_46461

小一時間遊覧した後は蘇州から1時間の古鎮同里へ。

Img_46741

明、清時代の建物が集まり、周囲は水に囲まれています。

こんなもの↓がたくさん売られていました。

Img_47171

豚の足を醤油で煮込んだ「状元蹄」です。

Img_46811

一歩中に入ると狭い路地や橋など趣のある景色が並びます。

Img_47231_2Img_47221_4
Img_47191Img_47181_2

その中で世界遺産に認定されている退思園へ。

Img_47001

Img_47061

その後は約2時間で上海へ。

さっそくこの旅最後の夕食、飲茶点心料理をいただきました。

Img_47241

いつ食べてもでも小籠包はおいしいですdelicious

しかし私はサクッと食べて上海雑技団見学へ。

上海も何度も来ていますが初めてです。Img_47281_3Img_47281_2

Img_47341Img_47281_4
Img_47401Img_47451

なんと、フラッシュをたかなければcameraOK。

Img_47531Img_47671Img_47771Img_47831

充実した1日となりました。

ホテル:延安飯店

【6日目】

いよいよ旅行最終日。

まず、シルク展示センターを見学。

おもに万博で展示したものだそうです。

Img_48011

Img_48041_2

Img_48031

その後は今回の旅のもうひとつの目的である上海大学へ。

学生の展覧会と私たちの学院の展覧会の同時開催です。

Img_48321

上海大学の教授の趙白鶴先生は、私たちの学院の教授でもあり、来日され直接指導していただいたこともあります。

開会式のあとは鑑賞。

白鶴先生の作品。

Img_48231

学生さんの作品。

Img_48441

Img_48251

Img_48501

先生の作品。

Img_48461_4

今年の作品。

Img_48121Img_48141_2

その後は、白鶴先生が上海大学のキャンパスを案内してくださいました。

Img_48541Img_48561

とっても広くてびっくりです。

Img_48571Img_48591_3

白鶴先生とはここでお別れ。

昼食を取って空港に向かいました。

あっという間の6日間。

とっても蒸し暑くて大汗かいての旅行でしたが、いつも通りとっても楽しかったです。

上海大学の学生さんの作品を見て、また頑張ろうと思いました。Img_47231

’10 中国旅行~桜と展覧会~

4/11~4/15またまた恒例の中国に行ってきました。

今回は「南京・和平友好櫻花園cherryblossomお花見&展覧会」の旅です

今回の旅行は、ママの書道の師である劉先生が、日中文化交流事業の舞台をつくり、両国の相互理解が深まることを祈願し、故郷の南京に私財を投じて建設した「南京和平友好桜花園」でのお花見と、毎年展覧会を開催している上野の東京都美術館が改修中のためこちらでの展覧会を兼ねています。日本からは約130名が参加しました。

【1日目】
今年は南京直行便で。でも着いたそばからrain しかもとっても寒かった。。。

まずは夫子廟へ。日本で言うと、浅草寺あたりのような雰囲気で、孔子を祀る孔子廟を中心とした繁華街です。

00510041
01110061

灯篭祭りが開催されていました。昼間なのでよく分からないのですが、夜はライトアップされとってもきれい。

0091

夕食時には、桜花園の建設実行委員会最高顧問ながら前回の開園式典に参加できなかった、海部俊樹元総理も到着しました。中国側からは中國書法家協会顧問・江蘇省書法家主席の尉天池先生が参加。

0211

その後は早めにホテルへ。今年も横断幕を出してくれました。

0261

ホテル:南京古南都大酒店(1~3泊目)

【2日目】
朝食後、バスで鎮江へ。鎮江といえば香酢?ですが、2500年前に呉の都ができ、水陸交通の要衝で自然と歴史の宝庫の都市です。

遊覧船で市の北東に浮かぶ焦山へ。

0441

中国警察も出動run

6861

0531

六朝から清代までの463点の碑を集めた焦山碑林を見学

6211+

痙鶴銘(王義之の書体)
6281

顔真卿
6471

6671

唐代の魏法師碑
6721

その後は、これまたお味噌で有名な金山寺へ。

7011

こちらでは元海部首相の『友好の木』記念植樹(キンモクセイ)が行われました。

7061

【3日目】
南京 毘盧寺にて展覧会開幕式に参加。

0721

開幕式には海部さんの他、日中友好議員連盟会長である高村正彦元外務大臣も参加されました。

7371

7381

関係者やマスコミ、通りがかりの人や観光客など、ものすごい人でもみくちゃsweat01

7781

7871

今年のママの作品。

王義之の蘭亭叙全臨

7391

②四季(春夏秋冬)の漢詩の創作

7441_2

昼食の後『平和友好桜花園』へ。

8021_2

地元の人たちも続々と集まってきます。

8111

8151

碑刻除幕(中国現代書家20人名の碑の除幕)

8191

文化交流(お茶とお花の披露)

8391

8461

ソメイヨシノは終わっていましたが、八重桜が満開でした。

8601

その後はホテルに戻り、南京政府招待宴会restaurant

8641

200名以上が参加しました。

宴会メニュー。

0731

さすがにお上品でとってもおいしかったです。

8651

【4日目】
南京駅より新幹線にて無錫へ。

南京駅は空港のようでした。駅に入るのに手荷物検査、金属探知機をくぐりました。

0811

南京発上海行き。途中の無錫までは約1時間半です。無錫といえば、「無錫旅情」(古っ)。無錫を一躍有名にした尾形大作と中山大三郎は名誉市民だそうです。

0891

国内最大(高さ88m)の青銅仏像、霊山大仏見学。なのですが、雨と寒さで見学どころではありませんcoldsweats02 駐車場からは電気自動車で移動。雨よけのビニールの隙間から冷たい風が入ってきて顎がガクガクでした。

0941

博物館(?)とっても素敵なスリッパを履きます。

1021

装飾?はとってもきれいでした。

87718841
88811171

外は極寒。階段を登る気力もありませんでした。。。

1291

その後は、中国で3番目に大きい淡水湖、無錫旅情にも出てくる「太湖」を遊覧。

1321

普通のインスタントコーヒーがとってもおいしかったheart04

1381

疲れきってホテルへ。

ホテル:無錫雷迪森大酒店

【5日目】
最終日。バスにて上海へ。市内に入るのにもバスを降りて手荷物検査&金属探知機。万博開催期間中は厳重警戒だそです。

浦東外灘地区も夜の方がきれいですね。

8891

今回の食事も野菜たっぷりでおいしくて食べすぎました。

1851

空港へ向かう途中、5/1から始まる上海万博会場横を通りました。ガイドさんによるとまだ全然出来上がってなくてオープンに間に合わないね、だそうです。最近はテーマソングの方が話題になっちゃいましたね。

1931

今回の旅は展覧会が目的だったので、期間も短く観光も少なめ。おまけにものすごい寒さで、春物しか持っていかなかった私は凍りました。

日本も暖かくなったと思ったら雪が降ったり、おかしな天気ですね。

風邪をひかないようにしなきゃ~sign03

はまちゃんのおなか&展覧会

前回の通院から約2ヶ月、はまちゃんのおなかの調子についてはいろいろ試してみました。食欲はかなり出てきたのですが、軟便についてはあまりよくなりませんでした。

Img_12801

とっても元気なのですが、やはり気になるので経過報告もかねて病院へ。

1年もこの状態が続いているので、今回はお薬を飲むことに。

処方された薬 合計4種類
 ①駆虫剤 - 除菌の補助
 ②抗生物質 - 感染症を治療
 ③腸炎の治療薬 - 下痢・大腸等の炎症をしずめる
 ④胃炎の治療薬 -胃酸の分泌をおさえ、他の薬による胃の荒れを
   防ぐ

人間に処方される薬とまったく同じだったのと、種類の多さにはちょっとびっくりしました。

一週間様子を見ます。

 ★゜・。・゜・。・゜☆゜・。・゜・。・゜★゜・。・゜・。・゜☆゜・。・゜・。・゜★

話は変わって、ママの書道の展覧会が今年も上野東京都美術館で開催されました。

今回は、同じく書をたしなむお友達のビスコちゃん ちのチビスコさんが見学に来てくださいました。まずは、上野公園内の 『韻松亭』 でランチですhappy02

Img_1295Img_12911
Img_12921Img_1293

趣のあるお店で昼間っから乾杯beer しあわせ~happy01

おしゃべりに花が咲いた後は、美術館へ。

この日は篆書・隷書体験を開催。チビスコさんも腕前を披露してくれましたよgood

Img_12971_2Img_13011

チビスコさんありがとうsign03

会は違いますが、同じ趣味を持つ者同士、いい刺激になります。

今度はチビスコさんの作品も楽しみにしてます。

゜・。。・゜・。。・゜゜・。。・゜・。。・゜゜・。。・゜・。。・゜゜・。。・゜・。。・゜

翌日は海部元首相をお迎えして、先生の揮毫。

海部さんは、劉先生が故郷の南京に建設している南京・和平友好櫻花園cherryblossom建設実行委員会最高顧問です。この日も水玉のネクタイでしたよwink

午後は篆刻体験の講師を務めました。

Img_13721

~今年の作品~
Img_13062

来年もがんばりますsweat02

‘08 中国旅行#2

中国旅行3日目。6時半に起床、朝食のあと8時半にホテルを出発し、上海を目指します。

Img_19101_2
2泊した南京状元楼ホテル。‘熱烈歓迎’横断幕を出してくれました。

途中立ち寄ったのは蘇州寒山寺

Img_19121Img_19141
Img_19161Img_19211

除夜の鐘↑と漢詩↓で有名です。

Img_19201Img_19251

昼食後、京江大運河を渡り、水郷の村「周庄」の町並みを見学。この運河は悪名高き隋の煬帝がつくったもので、中国では、北京の「万里の長城、吐魯番の「カレーズ」とともに、三大土木事業のひとつだそうです。偶然ですが全部制覇しましたscissors

Img_19361Img_19341
Img_19311Img_19421

この頃から雨がポツポツ。でもそれが古い町並みと柳によく合い、いい雰囲気です。ただ土曜日だからか、ものすごい人だったことが残念でした。

Img_19451Img_19461

名物 ↑豚のモモ煮(万三蹄)&上海蟹(大闸蟹)↑

上海蟹は上海で獲れるわけではなく、この近くの陽澄湖産のものを言うのだそうです。だから中国では上海蟹という言い方もないそうです。

上海、豫園内で夕食後は夜景見学。何度来てもほんときれいshine

黄浦江を挟んで浦東(プードン)地区
Img_19631

外灘(バンド)方向
Img_19691

旅行も終わりです。

4日目は5時前に起きて空港へ。3月に完成した浦東第2ターミナルは広くて、これまたきれいでした。

今回は式典参加のため観光は余りありませんでしたが、充実した旅でした。

旅行会社は去年と同じキャラバントラベルさん。偶然ガイドさんも同じ方で大満足でした。

’07中国旅行(西安・昆明・大理・麗江・上海)#1#2#3#4#5

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆

続きを読む "‘08 中国旅行#2" »

‘08 中国旅行#1

10/30~11/2の間、今年も恒例の中国旅行airplaneに行ってきました。今回は3泊4日の短めの旅行です。

1日目は上海→南京への移動で終了。3日前からずっと雨rainとのことで、さすがの中国のbusドライバーさんもスピードが出せず、通常5時間程度で着くところが6時間半かかり背中も腰もガチガチ。ホテルに到着したのは午前0時半、寝たのは2時過ぎでした。

2日目は6時に起床し朝食をとった後、今回のメーンイベントである「南京・和平友好櫻花園cherryblossom開園式典」に参加。

Img_17781 Img_17811

これはママの書道の師である劉先生が、故郷の南京に私財を投じて建設しているものです。日中平和友好条約締結30周年にあたる今年、日中文化交流事業の舞台をつくり、両国の書道家間の交流の促進、ひいては日中両国民の相互理解が深まることを祈願し計画してきた長年の夢でした。

Img_17831 Img_17941

これを応援しようと、先生の弟子たちが日本全国から150名参加しました。建設実行委員会最高顧問であり今回の旅行団長でもある海部俊樹元総理は、ちょうど政局が微妙な時期で、残念ながら直前に不参加となってしまいました(結局、解散総選挙にはなりませんでしたが)。

Img_17951 Img_18001

何とか雨も上がりました。中国側からは大使館関係者や書家等、近所(?)の方々までたくさん参加し、盛大な開幕式となりました。麻生総理からの祝辞も代読されました。

櫻花園には現在5,000本の桜の苗木が植えられていて、今後更に5,000本植えるそうです。来年の春に満開の桜を見に来たいなぁ。

その後は、南京美術館で開催される櫻花園開園記念「櫻花書法作品展 開幕式」へ。

Img_18111 Img_18291

みんな‘桜’に関連ある詩句を書きました。今回の作品はちょっと、、、。恥ずかしい出来でアップにはできません。

Img_18191 Img_18271

その後は祝賀宴会。

Img_18461 Img_18371

朝早く起きて睡眠不足な上、丘を登ったりものすごい人にもまれたり、式典参加で結構疲れました。すっかり空腹です。さっ食べましょ~restaurant

Img_18411 Img_18401

お寿司やデザートまであって、はちきれそうなほど食べ&飲みました。

この日はスケジュールもいっぱいいっぱい。

「侵華日軍南京大虐殺遭遇同胞記念館」の見学のあと、孫文の陵墓である「中山陵」へ。

400段の階段を登り今度はすっかり筋肉痛。

Img_18651 Img_18661

曇り薄暗く、日も落ちてきました。もちろん電灯もなく写真もうまく撮れませんでした。

市内のレストランで夕食後、ホテルへ。疲れていたはずなんですが、希望者のみ「夫子廟」へ散歩。

Img_18821Img_18931
Img_18901Img_18961

ライトアップされた夜景がとってもきれいでした。

Img_18981 Img_19011

ホテルに戻ってもまだ10時。この日はゆっくり休みました。

#2へつづく

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆

続きを読む "‘08 中国旅行#1" »

ロ~ングリード&展覧会

はま家地方は7月に入っても結構過ごしやすい日が続いていましたが、最近の蒸し暑さにパパママともに早くもバテ気味です。

硬いフローリングが何ともひんやりして気持ちいいのですよね。

↓幸せ親子heart04

Img_15991_2 Img_16031_2

日曜日の夕方、先日購入した16mのロングリードを試しにいつもの公園へ。

こ~んなに長い。

Img_00621_5
しかも、はまちゃんがロングリードに付け替えたとたん、ものすごい勢いで走りだしたため、ママの手はあっちっち~impactでした。

斜め走り風の面白い写真が撮れました。

Img_00681

帰ってから久しぶりにシャンプーしたところ、もうぐったり。

Img_16121_2

いい夢見てねconfident

続きを読む "ロ~ングリード&展覧会" »

無料ブログはココログ

WISHBONE

  •   Plogothumb

最近のトラックバック

365日ジャック`14

  • 365日ジャック`14